雨上がりに虹が出てても、気づかなかったり、なんとも思わない人もいる

虹

先月、1月30日に宮城県は松島で見た虹です。


日本三景の、天橋立、宮島 ときて、
ずっと行けてなかった念願の松島。

天候が曇りで小雨パラついていたんですが、
少しの間の晴れ間に虹が出ました。

もし、もともと快晴だったなら
見ることができなかったやろうから、
これまたラッキーでした。

そういえば虹って、どこで見れんねやろ?ぐらい
普段見かけるようなものでもないので、
見つけた時はテンションあがりました。

で、しばらく眺めてたんですが、
道行く人は意外と気づかなかったりするんですよね。

確かに、けっこう曇ってて
モヤがかっていて、うすい色でしたが。

旅先ということもあり、
いつもと違うテンションな私は、
知らないおばちゃんに、


「あそこに虹でてるで!」


とか“言ってみるおじさん”を
してみたりしました。笑

(またの名を“虹教えてあげるおじさん”ともいう)


「うわーほんとやーきれいー!」


って、あんなにでかい虹に
ほんまに気づいてなかったんやって。笑

あと、絵とかで虹を描く時に
雲から山へ橋がかかるような表現って
けっこう見うけられるように思ってたのですが、


「あぁ、ほんまにこうやって雲から
橋みたいにかかるんやな」



って、一人でニヤニヤしてしまいました。


・
・
・

「そろそろ、3時かー」って
思っていたときに「虹」が出て。

いちじはんに、せんだいをでて、
さんじににじがでて、
よじはんにはここを出なくてはいけなくて。

いちじ、にじ、さんじ、よんじで
完全に頭ん中が、#ヴィンスモーク 家で、#ジェルマ66 になりました。

ワンピース 、ワノ国編が
おもしろくなってまいりましたね。

(普段はだいたいこんな感じの脳みそ具合)

・
・
・

5年ほど前に、ハワイに行った時
スコールがあがるたびに虹が出まくるもんで、


「ハワイでは虹が大売り出しなんやな」


と、一人で納得していました。
ほんまに1日に違う場所で3つとか見れた。

しかも、二重になっていたり、
虹の向こうに、もう一個虹でてたり。

あからさまに、ちょっと向こうだけ
雨が降ってるのがわかるもんで、


「またあっちにでよるでー」


みたいな。

そんなことを思い出しつつ、
虹ってどんな場所や条件で現れやすいのか
ちょっと調べてみようと思います。

・
・
・

散文につき、まとめ。

普段の日常的なことに感謝している人、
心豊かに暮らしている人にとっては
街中のあらゆる場所に
このような虹がかかっているくらい
ありがたいことや
感謝すべきことにあふれていて、
それがしっかり見えていて。

そして、
それが見えていない人はどうしても
不平不満がでやすくなってしまうのだと。

この時、持参していた本に
そんなようなことが書いてありました。

自分はどうやろう…
あいたたー…ってとこですかね。


あなたはどうですか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です