自分の好きなことを仕事にするまでの道のり①

デザイン

私は「自分の好きなこと」「得意なこと」を活かし、それを仕事としてやっていくことにチャレンジしていて、現在も実践中です。

ですので、まだ確信を持って誰かに伝えられるほどではないのですが、
このままやり続けて確信に変わった暁には、どんどん共有して伝えていきたいと思っています。

あ、もちろん「好きなことを仕事にしたい」とか、
「そもそも、自分の得意とか好きなことがわからない」っていう人に。

これぐらいの年になると、そういった相談に時折出くわします。

私も、10代の頃から悩み続けて、探し続けて、信じていたものがひっくり返ってしまって、色々見失って…みたいな経緯があって、ここまで来ました。

今思えば…けっこう長かったなぁ。。涙目

今現在、先に書いたように実践中の身なので、
どこぞの成功者というわけではありません。

ですから、「こうすればいいよ!」とか、「こうしてみたら!」というような具体的なアドバイスは出来ない。出来たとしても根拠も説得力もない仮説のようなものでしかない。

でもまぁ一応、8年ほど働いた会社を退社後にフリーランスを3年ほど経験し、なんやかんやで昨年(2018年)に法人を設立しました。

思い描いていたような綺麗な道のりではなかったし、現状も胸を晴れるような状況ばかりではない。「ほんまにこれでいいんかな?」の連続で、かつ、私が直感的に物ごとを捉えるような性質があるからか、半ば“ノリ”で進んできたようなところもあります。

しかし、ここに来るまでの間、私なりに考えたり、試行錯誤したりしたことがもしかしたら誰かの参考になるかもしれない。

また、ちょっとした相談を受けたりなどした時に、自分のやってきたことを振り返って話すことがけっこう多かったりするんですね。

もっと言うと、このまま私が「好きなことを仕事にする」ことを継続してうまくやっていき、何かしら確信みたいなものが得られたら、それはそれで今以上に意味のある体験の共有になるかもしれない。

(絶対そうしてやるぞと思っています!)

そんな想いを持ちつつ、私のこれまでの道のりを振り返りつつ、つらつらと書いていきたいなと思います。
できる限り、「もし私だったら、あの時こんなことが知りたかった」とか「こんな言葉があれば前向きになれた」のように、読んでくれる方や、今まさに探していたり葛藤している方にとって意味のあるような部分をピックアップしていけたらなと思っています。

また、実体験と事実を元に書きます。

ですので、書籍を出版しているようなお偉い方からの言葉にはなりませんが、「少し先に経験した先輩」ぐらいの温度感で読んでいただければ、ちょうど良いお湯加減になるのでは?なんて思ったりしています。

前段のような形になりますが、続きは「その②」から。

早速、どの時点から書けばいいのかと悩んでいます。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です