運営者のプロフィール

私のこれまでの歩みなど、プロフィールの詳細を記載します。
この記事は少しずつ追記・アップデートしていってます。

名前

杉本賢太郎(すぎもとけんたろう)

小さい頃は「けんちゃん」と呼ばれることが多かったが、
大きくなってからは、なぜか変なあだ名などをつけられがち。

特に専門学校の時あたりの、「ごろーちゃん」(なぜか不明)「べんちゃん」(弁当屋でバイトをしていたから)はなかなかクセが強いというか…。

あと、高校の時のバイト先とその後の就職先と、フリーランスになった頃の3つのタイミングで「おすぎ」がなぜか定着しました。長きにわたって「今日はピーコは?」と言われ続けています。自身はとっくに飽き飽きしています。笑

よって、SNSなどでも「おすぎ」と「Ossggy」をよく使っています。

好きなこと・趣味

・旅、旅行
・自然のあるところ
・散歩、知らない場所を散策
・読書、本
・アート鑑賞、アート活動
・写真、カメラ
・カフェ(ゆっくりくつろげるとこ、テラス席、スタバ)
・BBQ、キャンプ
・スポーツ観戦
・ドキュメンタリー番組(情熱大陸、プロフェッショナル仕事の流儀)

武器・装備

Mac Book Pro 15インチ
※持ち運びやすいAirなど軽いPCが欲しい…
 作業の都合上とマウスが好きなので、まだスマホだけは厳しいかな。

<本体>
・PENTAX KP

<レンズ>
・FA50mmF1.4
・PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED
・SIGMA 広角ズームレンズ 10-20mm F4-5.6 EX DC
・PENTAX レンズ DA FISH-EYE10-17F3.5-4.5ED

略歴(仕事編)

1984年 大阪(東大阪)出身

・大阪府立八尾高校
・天王寺美術館美術研究所
・ビジュアルアーツ大阪専門学校(VAO)卒

<2006年・専門学校卒業〜インターンでなんとか制作会社に>
・卒業間際にWEBサイトやデザインという概念に出会い夢中になる。
・卒業制作そっちのけで独学で勉強して、制作会社にインターンで入る。

<2006年・インターン〜制作会社に入社まで>
・6ヶ月間のインターンの間に、知り合いなどのWEBサイトを3つほど制作。
・その実績などを持って、就活。

<2006年・制作会社に入社〜>
・大阪の堺筋本町にあるWEB制作会社に入社(正社員)
・デザインアシスタント、htmlコーディングを担当させていただきながら、
 先輩のデザインの過程やデータを見て自分なりに研究したり
 メインのデザインのB案を作らせていただいたりして学ぶ。
 少しずつ色々作らせてもらえる機会が増える。

<2010年・制作会社が分社、会社の立ち上げに参加>
・大手企業の案件などに関わらせていただく機会も出てくる。
・その頃上司と社長が対立?し、デザイン部署メンバーで別会社を立ち上げることになる。そちらについていく形で新しい会社の立ち上げに参加。
・会社の名前を考えたり、ロゴを考えたりというところから関わらせていただき、とてもいい経験となる。
・メインのデザインをつくらせていただく機会もでてくる。
・いずれ独立したいという想いと、営業の仕事のやり方に納得できないことなどを社長に相談した結果、営業・ディレクター職に異動する。

<2014年・退職、独立へ向けて。リセット、休憩期間>
・分社前から通算して約8年間勤めさせていただいた会社を退職。
→この制作会社勤務の間に、仕事のこと、人間関係のこと、さまざま経験を通してたくさん学び成長することができました。この間は辛抱強くあり続ける時間や失敗することが多かったですが、仕事をしていく上で大切なこと、自分自身の土台を築くことができたと今になって思います。この部分は記事に書き留めて共有したい。
・ちょうど30才を目前にした時期でした。

<2015年〜フリーランスで活動しながら様々なことを経験>
・ちょうどその時期に色んな場所にでき始めていた、コワーキングスペースの立ち上げプロジェクトにデザイナー・WEB担当として参加。
・WEB広告の会社にて、デザイン部門の管理を経験。結果1年で自ら辞することとなりましたが、取締役(役員)として従事。今まで以上に、人との関わり、一緒に働く人の大切さを考えることができた日々でした。
→この間に、今までの常識から外れる体験をしたり、目指したい未来のビジョンを抱いたり、大きな挑戦と挫折、人間の黒い部分をまざまざと見せつけられる経験など。今後に活きる大きな経験をしました。何度も辛くて、心が折れそうになりました。楽しかったことももちろんありましたが、本当に辛かった時期です。

<2017年〜大阪産業創造館の起業支援「立志庵」入所・卒業>
・大阪は中央区の堺筋本町にある「大阪産業創造館」。その起業支援を受けて、具体的に起業へ行動を起こす。

<2018年〜法人設立>
・色々検討した結果、培ってきたWEB制作やデザイン制作の技術、ノウハウを活かして起業する。それとともに、アートや自社発信型のビジネスも少しずつ活動を始めていく。
・2018年12月、法人設立。