昨日、沖縄の首里城が火事で、城の主要な建物が全焼というニュースが舞い込んできました。観光でも人気のスポットですし、歴史的な建造物が失われてしまうのは本当にショックですね。

建物、その存在そのものが歴史の証人のようであり、存在し続ける限り、人々の記憶とリンクして忘れられることのなくあり続ける。

昨今の自然災害の脅威にしてもそうですが、この世界ではいつ何が起こるかはわからず、形あるものはいつでも崩れ去る可能性とともにあることを知らしめられているようです。

そんな今日は、その存在とともに人々の心を魅了し続けている太陽の塔、それを制作した岡本太郎氏が残した数々の言葉から。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です