コスモス(秋桜)〜四季の表情や景色を楽しむ写真スポット・10月〜【大阪らへん】

わりと急に思い立って、カメラ持ってどこか行こう!
となることが多いのですが、
その時に今だったらどこに何を撮りに行くのが旬なのか?って、
パッと見てわかるようなものがあればいいなって
前から少し思っていました。

ネット検索で調べたりしながら、自分好みでリストアップしてみます。

基本的には、四季折々の季節の表情や、美しい景色、街並み。

SNSなどで話題となっているような
インスタ映えスポットなどなどで気になるところを
チェックしていきたいと思います。

夏がすぎ、暑さも落ち着いて涼しくなった時期。

カメラ持って出かけたくなる時期ですよね。

10月はやっぱり紅葉かな?紅葉は全国いろんなところに
いいスポットがあるようですね。

コスモス(秋桜)

10月のコスモス

コスモスは「秋桜」と書くように、日本の秋の風物詩になっている植物です。

(※開花時期は6月からのものもあり、夏にも花を咲かせるようです)

綺麗なピンク色をした花びらと、真ん中の部分(名称がわからない…)の黄色、
茎の部分の緑色が調和していてとても美しいです。

それが青空の下に咲いている姿は、写真に収めてみたくなる景観ですよね。

ギリシャ語で「宇宙」を意味する「kosmos」が語源

ギリシャ語の「秩序」「調和」を意味する「Kosmos」という言葉が由来となっているようです。

宇宙を表現する言葉もまた「コスモス(cosmos)」です。

それは、真ん中の黄色い部分をよく見ると、星の形に開いていて、
それらが秩序立って形成されている様が、まるでこの宇宙のようだから?

☆撮影する時のポイント

※インスタなどを参考に個人的に感じた撮りたいアングル

・コスモスが咲いている場所一帯
・低いアングル(ローアングル)から、空も一緒に映るように
・花一つ一つに焦点をあてて、クローズアップしてみる
・花びらの真ん中の黄色い部分をアップに
<個人的にオススメ!>

☆撮影スポット・ピックアップ

長居植物園(長居公園)

広さ24.2haの植物園内に、コスモス畑があります。
約15万株のコスモスが咲き誇り、
爽やかな空の下で写真を撮る人やスケッチをする人など、
秋の風景を思い思いに楽しまれているようです。

【大阪市立長居植物園】

<ホームページ>
長居植物園のホームページはこちら
<住所>
大阪府大阪市東住吉区長居公園1-23(Googleマップ)
<開園時間>
3月~10月→9時30分~17時(入園は16時30分まで)
11月~2月→9時30分~16時30分(入園は16時まで)
<休園日>
毎週月曜日(祝日の場合はその翌平日)
年末・年始(12月28日~1月4日)
<入園料>
200円
<駐車場>
長居公園南駐車場(※植物園から一番近い)
長居公園地下駐車場
長居公園中央駐車場

万博記念公園

今年は22品種約20万本。色の濃淡が段階的に見えるように配置したため、コスモスの美しい眺望を今年はひときわお楽しみいただけます。
自然文化園の西側にある花の丘では、コスモスの苗の販売やワークショップ、ミニコンサート、カフェなどの飲食ブースも登場する「コスモスフェスタミニイベント」を開催します。イベントも一緒にお楽しみください。

万博記念公園
【万博記念公園】

<ホームページ>
万博記念公園のホームページはこちら
<住所>
〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園1-1(Googleマップ)
<期間>
2019年10月5日(土曜日)から11月4日(月曜日・休)まで
※期間中無休
<時間>
9時30分から17時(入園は16時30分まで)
<場所>
花の丘
<料金>
無料
※別途自然文化園入園料が必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です