好きなことをしていると、時間が経つのも忘れる。

Ossggy
「あらっ、もうこんな時間や!!」ってなるの、なんかいいよね。

望んでいたとはいえ、思わぬところからやってくるとは。

おすぎです。
先日、少し先にイベント出展にあたって、
子供向けのワークショップの試作をしている時のこととあわせて、
「好きなことを仕事にしている時に感じた充実感」みたいなところを書きます。
8月に私たちチーム・ラバソの「しあわせクローバーのはっぴぃ」にて、
ロハスフェスタ南港の3日間に出展することが決まっています。
しあわせクローバーのはっぴぃをご存じない方はこちらをご参考に

しあわせクローバーのはっぴぃ
愛と平和に満ちた星「ラバー星」に住む、
2つの魂をもった動物「はっぴぃ」と仲間たちとの
日常的で楽しいお話。

◎ホームページ
http://happy.lovers-soul.com/
◎インスタグラム
https://www.instagram.com/merryhappy_clover/

5月のゴールデンウィーク明けに、
尼崎中央の森公園のロハスピクニックに出展し、
とても楽しかったし、たくさんの方とお話しすることができました。

「キャラクター似顔絵」もたくさんの方にご依頼いただけました!
なのでなので、ロハスフェスタにはまた出たいと思っていました。

で、前回のロハスでは他に出展されていた方が
けっこうワークショップ型の内容が多かったし、反響があったように思い
私たちも何かワークショップのコンテンツを考えたいと思っていました。

そんな折り、たまたまグッズ作りをお願いしていた
デザイナーのお友達が「こんなのつくってみました!」と
持ってきてくれたのが、僕たちがつくっているキャラクターの
プラバンでした!!!

Ossggy
「こっ、これは…いいじゃないか!!!」

パッとみて「うお!」ってなって、
そこに可能性を感じました!

お友達にお願いしていたのは、とあるモチーフのアクセサリーだったのですが、
おもわぬ形で提案してくれてサンプルもつくってきてくれました。

何かイベント出展の際にもう少し提供できるものが欲しい、ワークショップなどできることを増やしたいと思ってはいたものの、まさかこんな形でやってくるとは…。新しいコンテンツ(ワークショップ)が芽を出し始めた瞬間でした。

気がつけばこんな時間!没頭できることとは?

そんな流れで、一度そのプラバンのワークショップに向けての打ち合わせとともに、
「材料・つくりかた」なんか教えてもらうことになりました。

そして、教えてもらいながら一緒に試作したのが、このページの上部のイメージ画像となります。
その時ですね、お友達が言った言葉が、

「もうこんな時間なんや!」
「こういうことやってたら、時間たつの早い!」

というもの。
その言葉を聞いて、私の「記事書きたいスイッチ」が入りました。笑
これは、伝えるべきメッセージが潜んでいるぞと。

たしかに、私も教えてもらいながら、

「こういうのもつくってみよ!」
「どんな感じでできあがるんやろう?」

とかとか、楽しいでいたらあっという間に時間が経っていました。

そうなんだよなーと思って、一人で勝手に「うんうん、なるほど!」とかつぶやいているうちにおすぎの脳内は別のところに飛んで行ってしまいました。
さて、どこに行ったかといいますと…

好きなことを仕事にできれば

やっぱり、これですよね!

僕も学生時代のアルバイトでは、けっこう
「あーまだ3時か、あと2時間もあるやん…」
みたいな感じで、時間がすぎるのが遅く感じ、
ただただはよ過ぎないかなーと思っていたものです。

今考えれば、「時間」という人生の大切な資源を
時給をもらいながらといえど、
ただひたすらすぎるのを待っていたなんて
なんて勿体無いことをしていたんだと悔やまれます。

もちろん、そこでの経験が今の時間や報酬に対する考え方につながっていると考えると決して無駄ではなかったと言えますが、もうちょっと有効に活用することはできたと思っています。

その後、私はWEBデザインやグラフィックデザインの会社に就職し、

「はやく一人前になりたい!」
「先輩のと私がつくったのでは、どうしてこうも違うのか?」
「なんでこの色の組み合わせは美しいのか?」


と没頭できる仕事に出会えたのですが、
そうでなかったならと思うと、ゾッとします!

しかし、今の日本社会において
「大手に就職したい!」とか「安定を!」というような
自分の持っている資質や才能の方向より、
一般的な常識を優先した思考での仕事を選んだ結果、
就職してからも、時間をこなすように働いている方も多いと聞きます。

本当にそれでいいのかな?

私は学生の頃からなぜかそれに対して疑問をもち、
自分は必ず好きなことをして生きていくんだ!
その想いだけは強かったように思います。

今の仕事に違和感を感じているあなた!

あなたの没頭できることはなんですか?
きづけばそれをしてた!っていうぐらい自然に取り組んでいることはないですか?
誰かに喜んでもらえて、心から喜びが溢れるような体験をしたことはないですか?


そんな経験、体験の周辺に本当に自分が求めているものが転がっているのではないだろうか?と私は考えていて、それを実証するために自ら実践したり、行動を続けています。

もとい

はっ!と我にかえりました!
そうそう、私はプラバンづくりをしていたんです。笑

黒の油性ペンで線を引きます。
フロストタイプのプラバンは、色鉛筆でも色がつけれる!
オーブンで熱を加える。
厚めの本などにはさんで、冷まして出来上がり!

いやーつくるのって楽しいですね!
今回使ったプラバンはセリアで購入した、「半透明フロストタイプ」のプラ板。水星のペンやクレヨン、色鉛筆も使えるので小さなお子さんでも、できるのではないでしょうか!
また、このタイプのプラバンは色を混ぜてグラデーションを作ることもできるので、表現の幅も広い。(私が作成したキャラの帽子に、ほんのり青い色や紫をまぜています。)

プラバンの記事っていうより途中に寄り道した、

「好きなことをしていると時間が立つのも忘れる」
っていうことから、
「それがもし仕事やったら、こんな楽しいことはない!」


と思いませんか?

みたいなことが言いたかったのかもしれません。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です